人事コンサルタントの『生きがい』づくり日記 人事コンサルティング会社 生きがいラボ
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

2016年8月24日

■給与の定義を180度 変える

いつもありがとうございます。生きがいラボの福留です。


前回は、給与制度を構築するときに、

「他律から自律への変革」

というメッセージを制度に込めるべきだとお伝えしました。


今回からは、「自律」というメッセージを表わすには、
具体的に給与制度をどのように変える必要があるのかを扱います。


そのためには、

「そもそも給与とは何なのか?」

という根本から見直していく必要があります。


給与は、一般的には「労働の対償」として存在します。

もちろん、家族手当などの労務とは関係ないものもありますが、
主としては「労務の提供」に対して支払われます。


労働の対償ということから派生して、
給与の定義づけとして、次の3つの要素が認知されています。

1.給与は、「過去の実績」に応じて支払われる
2.給与は、「客観的な根拠」に基づいて支払われる
3.給与は、「会社側」から提示される

この3つの認識については、概ね異論がないのではないでしょうか。


しかし、給与制度によって「自律への変革」を求めるためには、
この3つの給与の性質を180度転換する必要があります。

つまり、


1.給与は、「未来の貢献」に応じて支払われる
2.給与は、「主観」に基づいて支払われる
3.給与は、「社員側」から提示される


というように、給与を定義するのです。


この3つの性質を端的に表すために、
私は「給与とは投資である」というふうに表現しています。


会社を投資家、社員が事業家と位置づけて、

投資家が事業家に対して投資する意思決定プロセスによって、
給与制度を設計していくのです。

そうすることで、給与制度を通して「自律」のメッセージを
強烈に発信することができます。


次回以降は、先にのべた給与の定義づけの転換について、
一つずつ詳しく説明していきます。


          生きがいラボ株式会社 代表取締役 福留 幸輔

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

人事コンサルティング会社 生きがいラボ

Copyright (C) 2010 生きがいラボ株式会社 All Rights Reserved Produced by 人事コンサルティング