人事コンサルタントの『生きがい』づくり日記 人事コンサルティング会社 生きがいラボ

2010年6月28日

「組織設計」と「人事制度」のつながり

ikigai-lab (2010年6月28日 11:30)
生きがいラボ・ニュースレター【2010年6月28日号】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     「組織設計」と「人事制度」のつながり

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いつもありがとうございます。生きがいラボの福留です。

前回のニュースレターでは、組織設計とは「ヨコ」と「タテ」を
考えることであるとお伝えしました。


  前回のニュースレターはコチラ↓


今回は、組織設計と人事制度のつながりを扱います。



組織の「ヨコ」とは、どんな部署を置くかを考えることです。

組織の「ヨコ」をどのように設計するかによって、
人事制度では「評価シート」の種類が変わってきます。


例えば、機能別(職種別)に部署を設計したとします。

製造部ならば技術力の評価ウェイトが高くなるでしょうし、
営業部ならば営業力の評価項目が多くなるでしょう。

このように、部署によって求められるスキルが違いますので、
評価要素が違ってくるのです。

つまり一般的には、部署の数だけ評価シートの種類が必要なのです。



組織の「タテ」とは、役職(階層)をどれだけ置くかです。

組織の「タテ」をどのように設計するかによって、
人事制度では「等級」の数が変わります。


フラットな組織にすれば、人事制度の等級も少なくなります。
逆に役職の数が多くなれば、人事制度の等級もそれに比例します。

 ※実際の役職と等級をどのように連動させるかによって、
  比例させないことも可能です。



組織設計の段階で人事制度との連動について考え過ぎると
あまりうまくいきません。

組織設計は、「経営戦略をいかに効果的・効率的に達成するか」
という視点で行なわれるべきです。


経営戦略を達成するための組織が設計された後で、
「その組織をいかに実現していくか」という施策の中で
人事制度の構築が必要となるのです。


         生きがいラボ株式会社 代表取締役 福留 幸輔
人事コンサルティング会社 生きがいラボ

Copyright (C) 2010 生きがいラボ株式会社 All Rights Reserved Produced by 人事コンサルティング