人事コンサルタントの『生きがい』づくり日記 人事コンサルティング会社 生きがいラボ

2010年7月 1日

組織の見えない部分

ikigai-lab (2010年7月 1日 11:30)
生きがいラボ・ニュースレター【2010年7月1日号】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

           組織の見えない部分 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いつもありがとうございます。生きがいラボの福留です。

回のニュースレターでは、組織設計と人事制度のつながりを
お伝えしました。


  前回のニュースレターはコチラ↓



実はもう一つ、組織を設計する上で考慮に入れておくべき
項目があります。

今回の題名にもなっている組織の「見えない」部分です。


それは、「社風」です。



例えば、今まで経営者が全てトップダウンで意思決定し、
社員様はそれに従うしかなかったという「社風」であれば、

いきなりフラットな組織にしても、おそらく失敗します。


なぜなら、社風と組織構造がマッチしていないからです。

このように、社風とはなかなか目に見えづらいのですが、
組織設計に大きな影響を与えるものなのです。



自社の社風がどんなものなのかを調べるには、
社内で飛び交っている「言葉」に注目すると良いでしょう。


例えば、部下が上司に対して「どうしたら良いでしょう」と
いう言葉をよく使っているのならば、

自社は「依存体質」の社風だと言えるでしょう。


または、お客様に対して「当社では出来ません」というような
言葉を多く使っているのならば、

自社はお客様より「内部」を重視する社風なのかも知れません。



一度、自社でよく使われている「言葉」に注目してみては
いかがでしょうか?

自社の「社風」を知るきっかけとなるかも知れません。


         生きがいラボ株式会社 代表取締役 福留 幸輔

人事コンサルティング会社 生きがいラボ

Copyright (C) 2010 生きがいラボ株式会社 All Rights Reserved Produced by 人事コンサルティング