人事コンサルタントの『生きがい』づくり日記 人事コンサルティング会社 生きがいラボ

2010年7月 8日

「戦略」と「組織」の関係(2)

ikigai-lab (2010年7月 8日 11:30)
生きがいラボ・ニュースレター【2010年7月8日号】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        「戦略」と「組織」の関係(2)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いつもありがとうございます。生きがいラボの福留です。

前回のニュースレターでは、「戦略」と「組織」の関係性について
お伝えしました。

  前回のニュースレターはコチラ↓

今回は「組織は戦略にしたがう」と「戦略は組織にしたがう」の
どちらが正しいのかをお伝えしたいと思います。




組織とは、経営戦略を達成するために設計されるものですので、
「組織は戦略にしたがう」という考えは一理あると思います。


しかし、経営戦略を実行していくのは組織ですから、
「戦略は組織にしたがう」という考えも合っているように思います。


では、どちらが正しいのでしょうか?



正解は、どちらも正しいのです。




「組織は戦略にしたがう」の「組織」とは、組織の構造のことを
言っているのです。

組織の構造は、経営戦略を最も効果的・効率的に達成するように
設計しなければなりません。

つまり正確に言うと、「組織構造は戦略にしたがう」なのです。



一方の「戦略は組織にしたがう」の「組織」とは、社風のことを
言っているのです。

戦略を実行する組織の「社風」が戦略と合致していなければ、
なかなか戦略を達成することはできないのです。

つまり正確に言うと、「戦略は社風にしたがう」なのです。



このように、経営戦略を実現するためには、
組織の「構造」と「社風」の両方を整えなければならないのです。


         生きがいラボ株式会社 代表取締役 福留 幸輔


人事コンサルティング会社 生きがいラボ

Copyright (C) 2010 生きがいラボ株式会社 All Rights Reserved Produced by 人事コンサルティング