人事コンサルタントの『生きがい』づくり日記 人事コンサルティング会社 生きがいラボ

2010年7月15日

組織設計が難しい理由

ikigai-lab (2010年7月15日 11:30)
生きがいラボ・ニュースレター【2010年7月15日号】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          組織設計が難しい理由

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いつもありがとうございます。生きがいラボの福留です。

回のニュースレターでは、「戦略」と「組織」の関係性について
お伝えしました。

  前回のニュースレターはコチラ↓



経営戦略が明確になれば、それを実現するための組織構造を
設計するわけですが、これが大変難しい仕事です。

なぜなら、組織設計には様々なトレードオフが内在するからです。


組織設計のトレードオフには、主に次のような関係があります。



1.「短期的視点」と「長期的視点」のトレードオフ

 短期的な視点を中心にすると、追求されるのは「効率」です。
 
 代表例は、管理職を少なくする「組織のフラット化」ですが、
 確かにフラット化によって、情報の歪曲の危険性がなくなったり、
 管理職の人件費を削減でき、効率的な組織運営が可能です。

 しかし、組織のフラット化は、管理職というマネジメント経験を
 積む機会を社員から奪い、人材育成に支障をきたす可能性があります。

 企業にとって、長期的に見ると人材育成の失敗は致命傷です。

 このように、組織設計には「短期的視点」と「長期的視点」に
 トレードオフの関係が見られるのです。



2.「組織成員の主体性」と「組織の統制」のトレードオフ

 現在の厳しい経営環境下では、社員様の主体的な活動が
 求められます。

 これは、全ての経営者様に共通の思いでしょう。

 組織構造の設計で、社員様が主体性を発揮しやすい環境を
 整えることは可能です。

 しかし、社員様が過剰に主体性を発揮するようになると、
 今度は組織としての一体感や相乗効果が失われることがあります。



3.「高い専門性」と「チームワーク」のトレードオフ

 主体性と同様に、高い専門性も求められていますが、
 専門性が高まる組織に設計することも可能です。

 しかし、技術職のような高い専門性を持つ人のなかには、
 人づきあいが苦手であったり、一匹狼的な考え方であったり、
 チームでの仕事よりも個人での仕事を好む人も多くいます。

 

このように、組織にはやっかいなトレードオフが存在し、
これらの妥協点を見出しながら設計しなければなりません。

しかし、妥協点にばかり目が行くと、結局は中途半端な組織になり、
企業の競争優位が育たないという事態も考えられます。

したがって、これらのトレードオフを意識しながらも、
経営戦略に基づく競争優位性を築けるような「割り切り」も
必要となります。

組織設計には、このような経営的な意思決定が必要となるのです。


         生きがいラボ株式会社 代表取締役 福留 幸輔

人事コンサルティング会社 生きがいラボ

Copyright (C) 2010 生きがいラボ株式会社 All Rights Reserved Produced by 人事コンサルティング