人事コンサルタントの『生きがい』づくり日記 人事コンサルティング会社 生きがいラボ

2010年7月29日

組織形態の基本型(2)

ikigai-lab (2010年7月29日 16:44)
生きがいラボ・ニュースレター【2010年7月29日号】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          組織形態の基本型(2)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いつもありがとうございます。生きがいラボの福留です。

前回のニュースレターでは、組織形態の基本型の一つである
機能別組織についてお伝えしました。

  前回のニュースレターはコチラ↓



今回は、事業部制組織について扱います。


事業部制組織とは、組織の分割を「製品・サービス」や「地域」、
「顧客」などの基準によって行なう組織形態です。

事業部制組織と機能別組織の一番の違いは、
事業部に大幅な権限を委譲し、自律的活動を可能にしている点です。

例えば、製品別の事業部制組織では、
各製品事業部の中に研究開発や製造、販売などの機能があり、
まるで一つの会社のような活動が可能となります。

カンパニー制組織やSBUなども、この事業部制組織の一種で、
権限委譲の範囲や組織の分割の仕方が変わっているだけです。


事業部制組織のメリットとデメリットを挙げておきます。



●事業部制組織のメリット

 ・細かな市場対応が可能となる
 ・経営感覚のある人材育成が可能となる
 ・トップマネジメントが業務管理から解放され、戦略に目が向く


●事業部制のデメリット

 ・製造、販売などの機能が各事業部で重複し、コスト高になる
 ・各事業部が利益責任にこだわり、短期的視点に陥りやすい
 ・各事業部がカニバリゼーション(共食い)を起こしやすい



では次回は、最後のマトリクス組織を扱っていきます。


         生きがいラボ株式会社 代表取締役 福留 幸輔
人事コンサルティング会社 生きがいラボ

Copyright (C) 2010 生きがいラボ株式会社 All Rights Reserved Produced by 人事コンサルティング