人事コンサルタントの『生きがい』づくり日記 人事コンサルティング会社 生きがいラボ

2010年8月26日

組織構造のデザイン(3)

ikigai-lab (2010年8月26日 00:39)
生きがいラボ・ニュースレター【2010年8月26日号】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         組織構造のデザイン(3)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いつもありがとうございます。生きがいラボの福留です。

前回は、組織デザインをするときの注意ポイントの一つ目である
「分業」について扱いました。

  前回のニュースレターはコチラ↓



今回は、組織デザインの2つ目のポイントである
「調整」について扱います。


「調整」とは、分業によって分けられたそれぞれの業務が、
あたかも一つであるかのように連動して活動できるようにすることです。

調整には、「事前の調整」と「事後の調整」があります。


「事前の調整」とは、業務の標準化を行なうことによって、
それぞれの業務を遂行すると自然に調整が取れるようにすることです。

標準化は、「インプット」「スループット」「アウトプット」の
3つの段階で行ないます。


「インプット」の標準化は、投入するヒト・モノの標準化です。

ヒトの標準化とは、人材育成を行なうことによって、
組織成員の価値観やスキルを均一化し、また向上させることです。

モノの標準化とは、機械や部品などの標準化です。


「スループット」の標準化は、いわゆる「マニュアル化」です。
最適な作業手順をマニュアル化することです。


「アウトプット」の標準化の代表例は、「目標管理」です。

作業手順の標準化が難しい場合、生み出すべき成果物を標準化し、
それに至るまでのプロセスは組織成員に任せるという方法です。

創造性が必要な業務や、環境変化の激しい業務などについては、
このような「目標管理」が有効になります。



調整の2つ目、「事後の調整」はヒエラルキー化(階層化)です。

いくら事前の調整を行なったとしても、イレギュラーなことは
必ず起こります。

そのときの調整方法として、上司に相談し、その上司の意思決定によって
調整を行なうのが、「ヒエラルキーによる調整」です。

したがって、事前の調整が困難な組織ほど、組織のヒエラルキーが
多段階になります。



このように、組織デザインを行なうときには、
自社の業務が「事前の調整」をどの程度まで出来るのかが重要になります。

「事前の調整」を出来る度合いが高くなれば、
組織構造のヒエラルキーは少なくても仕事が回っていきます。

それとは逆に、「事前の調整」が難しい場合、
ヒエラルキーが多段階でなければ仕事が回っていきません。


単に、流行が「フラットな組織」だというだけでフラットにすると、
思わぬところで会社が大混乱を起こしてしまいます。

組織デザインは、自社の状況をよく分析しなければできないのです。


         生きがいラボ株式会社 代表取締役 福留 幸輔

人事コンサルティング会社 生きがいラボ

Copyright (C) 2010 生きがいラボ株式会社 All Rights Reserved Produced by 人事コンサルティング