人事コンサルタントの『生きがい』づくり日記 人事コンサルティング会社 生きがいラボ

2010年9月16日

組織構造のデザイン(5)

ikigai-lab (2010年9月16日 09:50)
生きがいラボ・ニュースレター【2010年9月16日号】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         組織構造のデザイン(5)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いつもありがとうございます。生きがいラボの福留です。

前回は、組織デザインをするときには、社員様のキャリアパスを
考慮に入れる必要性をお伝えしました。


  前回のニュースレターはコチラ↓



キャリアパスを考慮に入れる際に、どこまで社員様のキャリアを
想定できるのか、という問題が出てきます。

現在は経営者や経営幹部としての立場がある皆さんも、
明確にキャリアを意識し、そしてその通りに進んでこられた方は
ほとんどいらっしゃらないと思います。

しかし、職業人生の節目においては、何らかの一貫した方向性で
意思決定を行なってきたはずです。

そのような積み重ねにより、人生のなかにある予期せぬ出来事を、
ご自分のキャリアップにつなげてこられたのではないでしょうか。


スタンフォード大学のクランボルツ教授は、
このようなキャリア形成を「計画された偶発性」と呼んでいます。

キャリア形成を完全にコントロールすることは不可能であり、
いわば偶然に起こった出来事によって左右されるものです。

しかし、その偶然を上手に活かして、自分のキャリア形成に
活用するという姿勢が大切だということです。

このように、キャリアというのは不確定要素が強く、
詳細なキャリアパスを設定することは至難の業なのです。



しかし、だからと言って、社員様のキャリアを考えなくても良い、
ということではありません。

クランボルツ教授も「計画された」と言っているとおり、
長期的な計画や目標を持ったうえで、予期せぬ出来事に対して
柔軟に対応していくことが求められるのです。

したがって、組織デザインをする上で、
社員様がキャリアを長期的に展望できる要素が必要になります。

この要素がなければ、社員様は将来のことが不安になり、
今の仕事を頑張るためのモチベーションを失ってしまうのです。


         生きがいラボ株式会社 代表取締役 福留 幸輔

人事コンサルティング会社 生きがいラボ

Copyright (C) 2010 生きがいラボ株式会社 All Rights Reserved Produced by 人事コンサルティング