人事コンサルタントの『生きがい』づくり日記 人事コンサルティング会社 生きがいラボ

2010年10月 6日

トヨタ自動車が「残業解禁」へ(2)

ikigai-lab (2010年10月 6日 23:56)
生きがいラボ・ニュースレター【2010年10月7日号】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       トヨタ自動車が「残業解禁」へ(2)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いつもありがとうございます。生きがいラボの福留です。

前回のニュースレターでは、トヨタ自動車の「残業解禁」に関連し、
残業規制のメリットについて一般論を述べました。


 前回のニュースレターはコチラ↓


今回は視点を変えて、「生きがい」という観点で扱います。



私は、仕事を通して「生きがい」を感じるための最低条件として、
『自分で考えて行動できる』ことが必要だと考えています。


例えば、いくらお客様に貢献できる仕事をしていたとしても、
自分で考える余地がなく、全て指示通りにしなけれならなければ、

2~3年は満足できるでしょうが、
仕事の経険を積むにつれ、仕事への情熱は失われていくでしょう。


仕事のやりがいとは、自分で考え、創意工夫し、チャレンジし、
その結果が出たときに得られるものです。

そして、そのような体験の積み重ねで成長していくのです。

その成長の積み重ねが、仕事を通じての「生きがい」を生むのです。



現在の労働法制は、仕事を苦役と考え、拘束時間が短い方が
労働者を保護することにつながると考えています。

確かに、残業規制は過重労働を防ぐという効果もありますが、
仕事を通しての「生きがい」の形成を妨げることもあります。

時間に囚われた仕事では「生きがい」は生まれません。

人生の一時期(特にキャリアの節目)には、
寝食を忘れて仕事に没頭する時期がなければ、成長はありません。

成長がなければ、「生きがい」を実感することはできないのです。



ただ、むやみに労働時間が長ければいいということではありません。

冒頭に述べたように、「自分で考え行動する」自由裁量がなければ
労働は苦役となってしまいます。


企業としては、いかに社員様に「自分で考え行動できる」裁量を与え、
社員様が労働時間など気にならないような、仕事に没頭できる環境を
整えることが最良の施策と言えるでしょう。

それが結果的には、社員様の成長につながり、
社員様の人生にとっても、企業業績にとってもプラスとなるのです。


トヨタの施策も、単に残業を解禁しただけでは効果は薄いでしょう。

社員様が仕事に没頭できる環境をいかに整えるかが、
この施策の成否を分けるポイントではないかと思います。



「社員様が自分で考え行動できる環境をつくる」とは、
理屈では簡単なことなのですが、なかなかできる経営者様はいません。

次回は、なぜそのような環境ができないかについて扱っていきます。


         生きがいラボ株式会社 代表取締役 福留 幸輔
人事コンサルティング会社 生きがいラボ

Copyright (C) 2010 生きがいラボ株式会社 All Rights Reserved Produced by 人事コンサルティング