人事コンサルタントの『生きがい』づくり日記 人事コンサルティング会社 生きがいラボ

2010年10月20日

目標管理制度がうまく機能しない原因(1)

ikigai-lab (2010年10月20日 18:17)
生きがいラボ・ニュースレター【2010年10月21日号】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    目標管理制度がうまく機能しない原因(1)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いつもありがとうございます。生きがいラボの福留です。

労務行政研究所の調査によると、
73.8%の企業が採用し、広く普及している目標管理制度。

しかし、目標管理制度が効果的に機能しているという企業は
かなり限られてきます。



目標管理制度の問題点として一般的に挙げられるのは、


1.達成度を上げるために、達成しやすい目標を設定する。

2.短期的な成果ばかりを追うようになる。

3.目標設定しづらい部門や職種がある。



目標管理制度がこれだけ多くの企業に導入されるには
やはり理由があります。

それは、うまく機能すれば個人目標と組織目標の統合が図られ、
しかも社員様の成長も実現できる制度だからです。

これから数回にわたって、
多くの会社で目標管理制度がうまく機能しない原因を
探っていきたいと思います。



目標管理制度の歴史は古く、
その原型は1950年代にピーター・ドラッカーが提唱しました。

ドラッカーは「Management by objectives and self-control」と呼び、
知識労働者のパフォーマンスを最大限に引き出すには、
自己統制(self-control)が必要だと説いたのです。

ドラッカーの目標管理に対する考えは理に適っており、
「自分で考え行動する」ことに喜びを感じる人間の本質を突いています。



では、なぜ目標管理制度がうまく機能しなくなったのでしょうか?

それについては、次回から探っていきたいと思います。


         生きがいラボ株式会社 代表取締役 福留 幸輔

人事コンサルティング会社 生きがいラボ

Copyright (C) 2010 生きがいラボ株式会社 All Rights Reserved Produced by 人事コンサルティング