人事コンサルタントの『生きがい』づくり日記 人事コンサルティング会社 生きがいラボ

2010年12月 2日

内発的動機づけを中心とした人事制度(2)

ikigai-lab (2010年12月 2日 04:53)
生きがいラボ・ニュースレター【2010年12月2日号】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    内発的動機づけを中心とした人事制度(2)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いつもありがとうございます。生きがいラボの福留です。

前回に引き続き、
「なぜ内発的動機づけによる人事制度が必要なのか」について
考えていきたいと思います。

前回は、経済環境の変化によって、外発的動機づけに限界が
生じたという話をいたしました。

今回は、人間の本質面から考えていきたいと思います。



外発的動機づけのコンセプトを簡単に言うと、
アメとムチによって組織成員をコントロールしようということです。

したがって、組織内は、
「コントロールする側」と「コントロールされる側」に分かれます。

人間には支配欲や権力欲がありますので、
「コントロールする側」にとっては、この状態は欲求に適合します。

つまり、外発的動機づけによる施策は、
「コントロールする側」にとっては非常に合理的で魅力的なのです。


しかし、「コントロールされる側」にとっては、
誰かにコントロールされることで動機づけられることはありません。

なぜなら、人間は本質的に「自分で考え、自分で決め、行動する」
という欲求を持っているからです。


つまり、外発的動機づけによる施策では、
根本的に組織成員を動機づけることは不可能なのです。



人間の本質面から見ても、外発的動機づけには限界があり、
これからの経営施策は「内発的動機づけ」を中心にするべきなのです。

次回からは、内発的動機づけによる人事制度の内容について
考えていきたいと思います。
  

         生きがいラボ株式会社 代表取締役 福留 幸輔
人事コンサルティング会社 生きがいラボ

Copyright (C) 2010 生きがいラボ株式会社 All Rights Reserved Produced by 人事コンサルティング