人事コンサルタントの『生きがい』づくり日記 人事コンサルティング会社 生きがいラボ

2010年12月 9日

内発的動機づけを中心とした人事制度(3)

ikigai-lab (2010年12月 9日 02:20)
生きがいラボ・ニュースレター【2010年12月9日号】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    内発的動機づけを中心とした人事制度(3)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いつもありがとうございます。生きがいラボの福留です。

今回からは、内発的動機づけによる人事制度の内容について
考えていきたいと思います。


まず、内発的動機づけを人事制度の中心に置くならば、
捨てなければならない考え方があります。

金銭的報酬で社員様のモチベーション向上を図ろうという
考え方です。

しかし、この考え方は今までの人事制度の根本概念でしたので、
内発的動機づけによる人事制度は従来とは全く違う概念を
根本に持つことになります。



人事制度を、「外発的動機づけ」から「内発的動機づけ」に変えると、
制度の根本にある『人間観』『仕事観』は次のように変わります。


        外発的動機づけ → 内発的動機づけ

●人間観  放っておくと怠ける → 学習欲・創造欲・貢献欲に富む

●仕事観      苦役    → 喜び(仕事そのものが報酬)



上記のような「内発的動機づけ」の考え方には、
ほとんどの経営者様も共感され、会社をそのようにしたいと
思っておられることでしょう。

しかし、実際の社内を見渡せば、そのようになっていないことが
ほとんどではないでしょうか。


それは、経営者様の気持ちの上では社員様に「内発的動機づけ」を
与えようと思っていたとしても、人事制度をはじめとする
経営施策が「外発的動機づけ」によるものだったからです。

社員様からすると、「言っていること」と「やっていること」が
違っていたのです。


これはある意味、仕方のないことです。

なぜなら、人事制度をはじめとする経営理論のほとんどは
「外発的動機づけ」を基本コンセプトにしているからです。

もし、本当に「内発的動機づけ」による経営施策をしたいのであれば
全く新しいアプロートが必要となるのです。


次回は、人事制度において「金銭的報酬」による動機づけを捨てると
どのような制度になるかをお伝えしたいと思います。


         生きがいラボ株式会社 代表取締役 福留 幸輔
人事コンサルティング会社 生きがいラボ

Copyright (C) 2010 生きがいラボ株式会社 All Rights Reserved Produced by 人事コンサルティング