人事コンサルタントの『生きがい』づくり日記 人事コンサルティング会社 生きがいラボ

2011年3月 3日

人事評価を行なうときに陥りやすい間違い(7)

ikigai-lab (2011年3月 3日 16:46)
生きがいラボ・ニュースレター【2011年3月3日号】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    人事評価を行なうときに陥りやすい間違い(7)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いつもありがとうございます!生きがいラボの福留です。


今回は「期末効果」という評価エラーについて扱っていきます。



人間の記憶というのは、非常にあいまいです。

人事評価の対象期間は、多くの会社では半年だと思いますが、
半年前の部下の行動を、正確に記憶することなど不可能です。

ですので、どうしても最近の印象に残った出来事によって
評価をしてしまいがちです。


このように、評価対象期間の全ての行動で評価するのではなく、
最近の行動によって評価する間違いを「期末効果」と言います。



「期末効果」の防止策としては、


● 評価の根拠となる職務事実を日々記録しておく

  → 部下一人ひとりを日々しっかりと観察し、
    観察記録をつけておく



観察記録の付け方の注意点としては、
「うまくいったこと」と「失敗したこと」の両方を
偏りなく記録することです。

上司の性格によっては、部下の失敗したことばかりに
目がいってしまうことがあります。

しかし、部下の失敗ばかりが目につくということは
上司自身が部下の成功を見逃している可能性が高いです。

その点を注意して、部下を客観的な目で観察する目を
養うことが大切です。



これで全7回にわたってお伝えしてきた評価エラーについては
全てお伝えしました。

部下を評価する上司も人間ですから、主観的にもなりますし、
評価に妥当性を欠くこともあります。

しかし、部下をきちんと評価しようと努力するプロセスのなかで
上司自身が磨かれていくのです。


部下を評価することで、一番成長できるのは上司なのです。


          生きがいラボ株式会社 代表取締役 福留 幸輔
人事コンサルティング会社 生きがいラボ

Copyright (C) 2010 生きがいラボ株式会社 All Rights Reserved Produced by 人事コンサルティング