人事コンサルタントの『生きがい』づくり日記 人事コンサルティング会社 生きがいラボ

2011年3月23日

人事制度を見直す前に(2)

ikigai-lab (2011年3月23日 23:18)
生きがいラボ・ニュースレター【2011年3月24日号】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         人事制度を見直す前に(2)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


いつもありがとうございます!生きがいラボの福留です。

前回は、人事制度を見直す前に理念・ビジョン・戦略を明確にし、
「自社が求める人材像」を明確にする必要性をお伝えしました。


さらにもう一つ、人事制度を見直す前に確認すべきは「組織」です。



組織には、「箱」と「中身」の2つの視点があります。


組織の「箱」とは、仕事内容(分業)と役割分担(調整)の
組み立て方である「組織構造」のことです。

一言でいえば、
理念やビジョン、戦略を実現できる組織構造にしなければなりません。


経営戦略の実行に最も適した組織構造を実現するためには、

顧客動向・競合動向などの外的要因と、
理念・戦略・財務状態・業務プロセス・ヒエラルキーなどの内的要因を分析し、
適切な組織戦略を策定するところから始めていきます。 



また、組織の「中身」とは、会社で働いている社員様の考え方が
表面化した「社風」のことです。

社風もまた、理念やビジョン、戦略を実現できる社風にしなければなりません。


「社風」を変革するためには、
創業者の精神や会社の歴史を振り返り、組織の存在理由である
「経営理念」と「経営ビジョン」を社員様の参画のもとで明確化し、
会社のなかに共有された価値観を醸成する必要があります。


このように、人事制度を見直す前には、
「組織構造」と「社風」の側面で自社を点検する必要があるのです。 

          生きがいラボ株式会社 代表取締役 福留 幸輔
人事コンサルティング会社 生きがいラボ

Copyright (C) 2010 生きがいラボ株式会社 All Rights Reserved Produced by 人事コンサルティング