人事コンサルタントの『生きがい』づくり日記 人事コンサルティング会社 生きがいラボ

2014年1月23日

経営理念についてもう一度考えました

いつもありがとうございます。生きがいラボの福留です。


新年に入って、立て続けにいろいろな研修に参加しているのですが、
先週は「経営理念」を深める研修に参加してきました。

当社の経営理念「人間の生きがいを追求する」は、
この会社を設立する3か月ほど前に「フッ」と湧いてきたもので、
会社名のもとにもなっています。


私が生きがいラボを設立した大きな動機は、
金銭的報酬によるアメとムチで人をコントロールしようとする
人事制度の根本原理を覆したいという想いからでした。

しかし、そのような人事制度は世の中にありませんので、
ゼロから自分で考える必要があり、私にとっては大きな挑戦でした。

起業から約4年が経とうとしていますが、
この4年間は自分の思い描く人事制度を確立しようと必死でした。

まだまだ改善の余地はたくさんありますが、
今までの常識を覆すような人事制度が出来上がりつつあります。

これもお客様に恵まれたお陰だと思います。


さて、先週の研修でつくった理念をご紹介しようと思うのですが、
研修によって私の中で理念がより明確に確立しました。

やはり、ゆったりした気持ちで自分の「BE」(=ありたい姿)に
心を傾けることは大切なことだと思います。


----------

経営理念「人間の生きがいを追求する」

・私たちは、生きがいにあふれる会社づくりを通して、
 社員を幸せにしたい経営者をサポートします

・私たちは、経営者と社員が感謝し合う心豊かな日本をつくり、
 社会の在るべき姿を世界に示します

・私たちは、人を幸せにすることを自らの生きがいとします

----------


今までの理念に、ビジョンやドメインの要素を少し入れました。
このことで、より経営理念が明確になったと思います。

フリーエージェント社会への変革やメンタルヘルス問題など、
まだまだ追い求めていることはあるのですが、

あまり入れ過ぎるとゴチャゴチャになってしまうので止めました。


やはり、理念が明確になると意欲が湧いてきますね。

新しい経営理念のもと、これからも頑張ってまいりますので、
ご支援よろしくお願いします。


          生きがいラボ株式会社 代表取締役 福留 幸輔

2014年1月 9日

制度内容よりも「心」が大切

いつもありがとうございます。生きがいラボの福留です。


新年、明けましておめでとうございます。

旧年中は格別のご高配を賜りまして、誠にありがとうございました。


今年に入って、既に数社のコンサルティングを終えていますが、
最近になって特に感じることは、「心」が一番大切だということです。

このブログでも「固定残業手当」について扱いましたが、

残業代を不当に削減しようとする意図の「固定残業手当」と
社員さんが安心して働ける職場をつくるための「固定残業手当」では、

同じ制度であっても全く機能が違っています。


私が勧めるのは、もちろん後者の方です。


どんな制度をつくろうとも

社員さんを「支配」するためにつくっているのか、
それとも社員さんの「成長」や「幸せ」を願ってつくっているのか、

結局は「心」の在り様がすべてを決めていると思います。


今年も、枝葉末節に囚われることなく、
人間の「本質」を追求して突き進んでいきたいと思います。


今年も頑張りますので、宜しくお願い申し上げます。


          生きがいラボ株式会社 代表取締役 福留 幸輔

人事コンサルティング会社 生きがいラボ

Copyright (C) 2010 生きがいラボ株式会社 All Rights Reserved Produced by 人事コンサルティング