人事コンサルタントの『生きがい』づくり日記 人事コンサルティング会社 生きがいラボ

2014年11月14日

本当に良い会社とは何か?

いつもありがとうございます。生きがいラボの福留です。

社員さんを使い捨てにする「ブラック企業」が社会的問題となり、
ブラック企業の反対の「ホワイト企業」ランキングも現れています。

ブラック企業の被害にあうのは、
若年層などの社会的に弱い立場にある人たちになりますので、
人を使い捨ての道具のように扱う企業が存在しづらくなっていくのは
大変素晴らしいことです、

しかし「ブーム」というのは、本質からズレていく傾向にあり、
今回のブラック企業・ホワイト企業のテーマに関しても、
本質からズレている議論が散見されるように感じています。


就活中の学生さん向けの情報として、
ブラック企業やホワイト企業などの企業情報が提供されていますが、

その判断基準のほとんどが労働条件や福利厚生についてです。

労働条件や福利厚生では「働きやすさ」は測れるかもしれません。


しかし、「働きやすい会社」と「働きがいのある会社」は違います。


労働条件や福利厚生面で「働きやすい」だけの会社では、
仕事に充実感や達成感がなくても、辞めるまでの不満に至らずに、
なんとなく勤め続けるということが起こります。

そういう職業人生が、果たして幸せでしょうか?


誤解のないようにしたいのですが、
労働条件や福利厚生の整っている会社を否定しているわけでは
ありません。

それだけで「働きがいのある会社」とは言えないということです。


どこで「働きがいのある会社」かどうかを判断するかというと、
画一的に判断できる基準など存在しません。

それは、人それぞれに「働きがい」を感じられるポイントが
違うからです。


要素の一つとして、その会社の理念やビジョンに共感できるか、
ということがあります。

自分が働く会社の理念やビジョンに共感することができれば、
極論を言えば、労働条件や福利厚生などが些末なことに感じます。

いくら働いても、精神的に疲れるということはありませんし、
毎日が充実感と達成感に満ちたものになります。

もちろん、労働条件や福利厚生は大事なことですが、
理念やビジョンに共感していれば、二の次になってしまうのです。

寝食忘れて働いた結果として、大きな成長を遂げることができます。

それこそ、豊かな職業人生と言えるのではないでしょうか?


これから社会に出る学生さんも、
表面的なブラック企業・ホワイト企業論議に惑わされることなく、

自分自身が共感し本気になれる理念とビジョンを持っている会社を
探していただきたいと思います。

そのためには、自分の人生の意味を考える必要が出てきますが、
それに真正面から取り組んでいただきたいと思います。

そうすれば、会社の歴史や理念も調べずに、
ただ単に労働条件や福利厚生で会社を選ぶこともなくなるはずです。

学生さん向けの情報を提供する立場の方々は、
そういうことを中心にサポートしていくべきではないでしょうか?


          生きがいラボ株式会社 代表取締役 福留 幸輔

人事コンサルティング会社 生きがいラボ

Copyright (C) 2010 生きがいラボ株式会社 All Rights Reserved Produced by 人事コンサルティング