人事コンサルタントの『生きがい』づくり日記 人事コンサルティング会社 生きがいラボ

2017年1月17日

■経営側に必要な意識変革とは?

いつもありがとうございます。生きがいラボの福留です。

かなり間があいてしまいましたが、給与制度についての続きです。


前回までは、「給与は投資である」というコンセプトに込められた

1.給与は、「未来の貢献」に応じて支払われる
2.給与は、「主観」に基づいて支払われる
3.給与は、「社員側」から提示される

という3つのメッセージについて扱っていきました。


「給与は投資である」というコンセプトを実現するには、
社員さん側だけではなく、経営側にも意識変革が必要となります。

今回は、この3つの定義にもとづいて給与制度を実現するために
必要な「経営側の意識変革」について解説したいと思います。


私が提唱する「給与は投資である」というコンセプトは、
企業と社員が「お金」でつながる関係になることを意図していません。

意図は、そのまったく逆にあります。

企業と社員が、「お金」でつながるのではなく、
お互いを「パートナー」として尊重し合う関係を目指しています。


そのためには、逆説的ですが、

企業と社員の双方が「お金(=給与)」と真正面から向き合うことで
お金の力を超える「精神的自律」を獲得する必要があります。

社員側の精神的自律に関しては、
給与の新しい3つの定義を説明するなかで扱ってきたので割愛します、


企業(経営者)側の精神的自律とは、
社員さん一人ひとりを、一人の独立した個人として尊重することです。

言い換えれば、
社員さんは企業活動の道具ではないと、明確に認識することです。


社員さんは、企業を成長発展させるために生きているのではなく、
自分自身の幸せを追求するために生きています。

これは当然の事実なのですが、このことを忘れてしまうからこそ、
都合よく社員さんを動かそうと考えてしまうのです。


「給与は投資である」というコンセプトを実践するということは、
社員さん一人ひとりが「事業家」になるということです。

契約上は「社員」という立場かもしれませんが、
意識のうえでは、一人ひとりが事業家になることを求めていきます。

会社に依存する意識を捨て、「自律」を促すわけです。


一方で、社員さんが自律すれば魅力のない会社からは去っていきます。

あるいは、会社にいくら魅力があったとしても、
自分のビジョンを実現するために会社を卒業することもあるでしょう。


経営者は、そのことを認識し、覚悟することが求められます。

自律した社員さんが魅力を感じる会社をつくり、かつ、
ビジョン実現のために巣立つ社員さんを心の底から応援する姿勢が
求められます。

言い換えると、社員さんに依存する意識を捨てるということです。


経営者と社員の双方が依存心を捨て、
お互いへの責任を果たす意識になって初めて、パートナーになれます。

「給与は投資である」というコンセプトには、
経営者と社員の双方の「精神的自律」を促進する意図があるのです。


          生きがいラボ株式会社 代表取締役 福留 幸輔

人事コンサルティング会社 生きがいラボ

Copyright (C) 2010 生きがいラボ株式会社 All Rights Reserved Produced by 人事コンサルティング