HOME > 中小企業にとっての理想の人事システム 6

中小企業にとっての理想の人事システム 6

中小企業にとっての理想の人事システム 6


不完全な人間が、完全に客観的な評価などできません。では、どうするのか?

人事システムのなかに、上司の「主観」を積極的に取り入れるのです。これは「客観性」を追求してきた人事理論の歴史とは、全く反対の発想です。

今までの人事システムは客観性を追い求めながらも、上司の人間としての限界のために、結果的に上司の主観による評価を受け入れていました。しかしあくまでも、「結果的」に受け入れていたに過ぎません。制度の構築は、上司の評価が客観的であるという前提のもとで行なわれていました。

客観性を高めるために「多面評価制度」や「360度評価制度」なども広く活用されていますが、これらの制度は上司である社員様の人材育成意欲を妨げています。上司という役割の存在意義は、部下を自分で評価し、自分で育成するからこそ、実感できるものなのです。上司であることの存在意義を感じることができないのに、部下を育てることなどできないのです。

人事システムの根幹部分である人事評価制度を「主観」にすることによって、人事システム自体のあり方を根本から見直さなければなりません。この部分はテクニカルな話になるので詳細は述べませんが、さまざまな工夫が必要になります。

人事評価制度に「主観」を取り入れることで、人事システムは大きく変わります。「何が」「どの程度」変わるのかは、お客様の会社の状況によって違うので具体的には言及しませんが、中小企業にとっては大きな効果があります。

効果の1つ目は、人事評価制度に「主観」を取り入れることで、過剰に複雑な制度を構築する必要がなくなります。人事専任部署のない中小企業でも、運用できる「シンプル」な人事システムを構築することができるようになるのです。

効果の2つ目として、変化の激しい中小企業経営に対応できるような、「フレキシブル(柔軟な)」人事システムを構築することができます。客観性を確保するためには細かいルールや固定的な運用が必要になりますが、それらから解放されて経営環境に迅速に対応できる人事システム構築が可能になります。

最も大きな効果は、社員様が仕事に「生きがい」を感じることができるようになることです。上司は、今まで以上に真剣に部下を評価・育成することが求められます。部下は、今まで以上に上司(会社)に貢献することを求められます。そのことで、上司も部下も今まで以上に「自分の成長」を実感できるようになります。人は「貢献」と「成長」の実感によって、仕事に「生きがい」を感じることができるのです。

最後に改めてお伝えしたいのは、人事評価制度に「主観」を取り入れるだけで、自動的に効果が出てくるというものではない、ということです。新しい発想の人事システムを構築するわけですから、新しい発想で全てを見直していく必要があります。なかでも、構築プロセスについては、さまざまな工夫が必要となります。

生きがいラボが考える「中小企業にとっての理想の人事システム」に共感していただける経営者様は、是非とも当社にご相談ください。全力で支援させていただきます。
<< 前へ  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6

このページのTOPへ

無料資料請求はこちら